地鎮祭・棟上げ法要

地鎮祭の絵.jpg

 地鎮祭とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地に付く邪気の退散や迷霊の成仏を祈り、土地を使わせていただくという感謝の気持ちを表現し、その土地にまつわる地神・水神・諸霊を鎮めることであり、その工事が障りなく進み、日々安全にして無事完成と平安、そして施主の子孫長久・家内安全を祈願する儀式です。
 一般的に地鎮祭は神式と仏式がありますが仏式の地鎮祭はあまり知られていないようです。
 香雲寺では日蓮宗の御祈祷を用いた作法にのっとり執り行っています。地鎮祭の祈願祈祷をすることで工事安全を願い、家族の運 気を最大限に開花させることができ、心にゆとりがでてきます。安心とゆとりを得るために、地鎮祭を行いましょう。

地鎮祭を行う例

家 (2).png

新築、増築、改築(リフォーム)

木.png

木の伐採

井戸.png

古い井戸の埋没

など、詳しくはお寺にご相談ください。

準備するもの(新築の場合の例)

  • 塩 2合

  • 洗い米 2合

  • 酒 1升

  • 海のもの乾物(わかめ・こんぶ・するめなど)

  • 山のもの野菜(大根・きゅうり・人参・ナスなど)

  • 五穀(麦・粟・ひえ・小豆・大豆など)

  • 花 1対

  • 線香・ろうそく

御本尊・棟札・幣束・その他の仏具は香雲寺で用意いたします。

棟上げ法要をご希望の方はお寺にご相談ください。

祈願料(お布施)

  • 祈願料については定めておりませんのでお気持ちをご志納ください。